師在自然

アクセスカウンタ

zoom RSS 二子山 雪散歩

<<   作成日時 : 2018/01/29 06:51   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年1月25日

いつも歩いている二子山、雪が少しだけど積もったので、ボチボチと歩いてみた。今回は岩陵歩きではなく、両神山や二子山の展望のいい道を歩いてきた。

画像
二子山西岳

画像
2年ぶりに引っ張り出した冬靴、またアイゼンやワカンを着けて歩いてみたいと練習に履いて歩いてみた。重さは気にならなかったが、かかとが硬いのでアスファルト道を歩くととても違和感があった。当たり前だけど、この靴はアスファルトを快適に歩くための靴ではないので、それを求めても仕方ない。このかかとの硬さがないと、下りは安定して下れないんだったなあ。

画像
二子山又峠に向かう林道はこんな感じの積雪、四駆なら問題なく又峠に行けると思う。

画像
一般登山道に足跡はない。

画像
国道を少し歩いて西岳への登山道へ向かう。振り返ると二子山。

画像
ここから山道に入る。足跡はキツネやタヌキくらいのものが一つ、途中からシカの足跡が付いているだけだった。

画像
雪は多くて15cm、登りでは歩きやすいが、もう少し多くないとザクザクと下るときの楽しさはない。

画像
いつもの高圧線の鉄塔、この辺りだけ北風が強く吹き抜けている。

画像
振り返ると両神山から八丁、赤岩尾根からさらに奥が連なって見えてくる。もうすぐそこは群馬県や長野県だ。

画像
二子山も近くなる。「昼までに帰る」とカミさんに言って出てきたので、どこまで行けるか。

画像
東岳をちょっと大きくしてみる。

画像
西岳 どちらも南側の完璧には雪が着きにくいので、この程度の雪景色も珍しい。

画像
武甲山から右へ大持山、子持山

画像
両神山東岳
強風が吹きつけているいるのか、ときどき雪煙が舞っている。

画像
両神山
このところ眺めるばかりになっている。
展望を楽しんでいるとすぐに時間が経ってしまった。雪を楽しんだというほど雪景色だったわけではないけれど、一汗かいて、ちょっとした寒風を浴びることもできた。さてさて、、、、、。


尾ノ内沢氷柱の今はこんな感じ
画像
寒い日が続くのでよく凍っている。
画像
そういえば、ここは一番滝。まだこの奥に滝はあるけれど、通行禁止になっている。この氷柱を始める前は、自由に奥へ入れたのに、、、。
画像
地元の方たちが除雪作業や無料の駐車場案内や整備も行ってくれるので、こんな場所にも行くことができると感謝しよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二子山 雪散歩 師在自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる