師在自然

アクセスカウンタ

zoom RSS 両神山 トレーニングに八丁尾根

<<   作成日時 : 2016/06/10 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年6月6日

ちょっと来ない間に「5月23日(月)正午頃、両神山頂付近で30代の男性がクマに襲われました。登山には十分な対策と注意をお願いします。」という真新しい立て看板が設置されていた。

時折、薄日が射すものの、ほとんどガスの中。いつもは使わない鈴を鳴らしながら、ゆっくりと歩いてきた。
本当は横八丁の方向から沢筋に下ろうと、それなりの装備をこれもトレーニングのつもりでザックに詰めてきたが、ただ重りとなってしまった。

合計時間: 5時間45分
合計距離: 5.71km
最高点の標高: 1723m
最低点の標高: 1169m
累積標高(上り): 684m
画像
山頂付近、いつもの山じいポイント。展望は全くないけれど、いつもの岩場に座り込むと喜びがこみ上げる。老いとも向かい合って行くことにもなるだろうが、自信をなくしたとき、ここに座ると何だかいろいろな思いをリセットしてくれる。
画像
冬場はここから登るが、林道が開通している間は八丁トンネルがほとんど。今日はあえて距離の長い方を選んで、荷物もちょっと重くして歩き始める。
画像
ちょっと来ない間に緑が濃くなった沢沿いを歩く。
画像
少ないけどハルゼミがないているのに気付いた。
画像
八丁峠付近、コバイケイソウはガスの中。
画像
八丁峠 ここは左へ登ってはいけません。右下へ下るように尾根筋を辿る。
画像
尾根筋に上がっても展望はきかず、この程度。
画像
後は、ずっと岩稜を登り降り。
画像
鎖場
画像
西岳
画像
西岳からの下り
画像
風穴から吹いてくる風はガスを運んでいた。
画像
鎖場
画像
龍頭神社奥社
画像
前回、アカヤシオを見ながら息子と登ってきた尾ノ内沢からの道を合わせる。
画像
東岳への鎖場が続く
画像
東岳でも全く展望なし、雨が降らないだけでいいことにしよう。
画像
台形の上底を山頂へ
画像
最後の鎖場、霧でしっとりしているが滑ることはなかった。
画像
両神山頂
画像
山じいポイント
画像
こんなツツジも
画像
アブラツツジ
画像
イワキンバイ
画像
ツツジの葉に雫が着く
画像
イワカガミだけどコイワカガミなのかな
画像
マイズルソウは咲き始め
途中から沢筋に突っ込むつもりだったが、ガスって暗かったのでオヤジが出そうな気がして、そのまま来た道を戻った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
両神山 トレーニングに八丁尾根 師在自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる