二子山 新しい靴を履いて

2015年7月20日
とても安い靴を買ったので、岩場での具合を見るためにちょっとだけ西岳への上級コースを歩いてみた。
岩場を歩く時は、底のゴムが柔らかく軽いファイブテンを履くことが多かった。ゴムが柔らかいので2年も持たず、毎年のように買い替えていたのだが、ちょっとのぞいたモンベルで滑り難い(?)安いのを見つけたので買ってしまった。
いつもの両神山八丁尾根とも思ったが、夏雲が湧き始め、いつ雷雨になっても不思議ではない空模様。すぐにエスケープできる二子山で一汗かいてきた。
画像
意外にも早く、山頂で休んでいるとポツポツと降ってきたので、すぐに下山。
画像
直登の上級ーコースへ。
画像
岩場への取り付き、右上へ。
画像
手がかり、足がかりは多いので練習にはちょうどいい。
画像
一息ついて振り返ると東岳
画像
ここを上ればもうお終い。
画像
草付きを登ると
画像
もうトンガリのてっぺん。南側はクライミングのゲレンデなので、物を落とすのは厳禁。
画像
両神山にも雲がかかる
画像
一応山頂まで行って昼飯
画像
北側にも怪しい雲が盛り上がり始める。
画像
画像
というわけで、新しい靴はファイブテンのフィット感はないものの値段の割に許せる範囲ということにした。