師在自然

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜を見に福島へ(2日目)

<<   作成日時 : 2017/05/02 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年4月20日

 途中でもらった『枝垂れ桜花番付』(郡山観光交通社内桜審議委員会)のパンフレットでは、福島県内の枝垂れ桜だけで100本が紹介されているが、枝垂れ桜の他にも種類があるので、とても2日くらいでは周り切れるものではない。山と同じで効率よくいくつ登るか、どれだけ高い場所に登るかだけが重要ではないので、のんびりと自分のペースで巡って来た。

だから
『山高きが故に貴からず、樹あるをもって貴しとす』という言葉を思い出す。
桜について感じたのは、『桜に歴史あり、一人一人の思いあり』とでもいえるだろうか。

日本三大桜の滝桜は混雑が予想されるので、2日目のスタートとした。駐車場は朝6時からということだったが、8時過ぎに到着、のんびり見学することができた。

画像
三春の滝桜(三春町 樹齢1000年 紅枝垂れ桜) 朝早くからたくさんの人
画像
上石の不動桜(郡山市 樹齢400年)
画像
紅枝垂地蔵桜(郡山市 樹齢400年)は、まだ咲き始め
画像
木造観音のしだれ桜
画像
山田の天王桜(田村市 樹齢400年)も咲き始め
画像
是哉寺地蔵桜はまだ開花していなかった。
画像
小沢の桜も、ロケーション的にはとてもいい場所だが、咲いていなかった。
画像
塩ノ崎の大桜(本宮市 樹齢600年 エドヒガンザクラ)
画像
塩ノ崎の大桜の駐車場側にソメイヨシノが見頃を迎えている丘があったので、のんびり歩く。
画像
高田桜(石川町 樹齢500年 エドヒガンザクラ) 大きく南へ移動する。
画像
高田桜は住宅街の中のような場所にあるので、写真は撮り難かった。すぐ脇を流れる川沿いに見頃の桜並木が長く続いていた。
画像
 昌建寺の桜(泉崎市 樹齢230年 エドヒガンの枝垂れ桜) ここは風で散り始めていた。
 ここを最後に今回の福島県の桜見物は終わり。

 山の花たちもそうだが、毎年同じ日に咲き出してくれるなんて、こちらに都合の良いものではない。だからこそ思わぬ出会いがあったり、何度も通ったりすることになり、それもまた出合いの喜びを大きいものにしてくれる。また行こう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜を見に福島へ(2日目) 師在自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる