師在自然

アクセスカウンタ

zoom RSS (リハビリ中)両神山赤岩尾根P1〜蓬莱山

<<   作成日時 : 2016/11/14 22:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 14

2016年10月15日

やっと歩いてきた。慣れたコースなのに、ずいぶん時間をかけて一歩一歩踏みしめるような歩きだった。
それでも久し振りの見慣れた光景を眼前に、嬉しくてしかたなかった。

まだまだ通院が続くことになるが、何とか復活できそうな気がする「山のパワー」を体に満たすことのできた山行になった。

40年以上山を歩いてきたが、どこのピークも踏めなかった夏は記憶にない。心配した息子が一緒に歩いてくれたり、一緒に旅行へもつきあってくれたが、300m程度の山にさえも登ることはできなかった。
もう、以前のような歩きはできないだろうけど、少しずつ歩き始めた。

合計時間: 4時間5分
合計距離: 3.36km
最高点の標高: 1527m
最低点の標高: 1158m
累積標高(上り): 361m
累積標高(下り): 384m
画像
P1から見た八丁尾根から両神山。残念ながらまだこの慣れた道を辿る自信はない。 季節はいつものように移り、もう秋の気配。
画像
八丁トンネンル登山口の駐車場は満車、諏訪山よりの下山予定地に駐車。いつもの八丁峠への最初の鎖場もゆっくり。
画像
坂本からの道を合わせる道標 今まで道を譲るなどということはなかったこの程度の道のりで、何組も先へ行ってもらう。
画像
八丁峠から両神山頂とは反対の赤岩尾根へ。本日も道間違いの1組に声をかける。
画像
P1下の古い道標 見慣れた光景がこれほど嬉しいのか。
画像
この岩場を登ればP1
画像
山頂ではツツジが紅葉している
画像
右側の尾根が赤岩尾根、左へ上がる尾根は狩倉尾根。また歩いてみたいものだ。
画像
いつもの岩に座り込み眺める両神山。
画像
この狭い岩場だけは通過してP1の先端まで行く。
画像
P2から先の赤岩尾根も何度歩いたことか。
画像
P1に戻りゆっくりと食事をした後、おとなしく戻らず蓬莱山へと下る。
画像
本来はこの標識から左寄りが県境だが、慣れた八丁方向に下り、蓬莱山へはちょっと遠回りになってしまった。
画像
中途半端なルートをとったので「お助けロープ」を出してしまった。
画像
方向はわかっているので、少しずつ修正し、埼玉県と群馬県の境に戻る。
画像
蓬莱山手前から大ナゲシのトンガリも見えたので、ルートは間違いない。
画像
振り返ると下ってきたP1、P2が遠くなってきた。
画像
蓬莱山
画像
尾根筋が左側へ下りやすくなっているが、右側の植林帯が諏訪山の目指す方向。
画像
手前伐採地の上が諏訪山、その後ろに二子山が見える。
画像
伐採地から両神山、無事林道に戻り車にたどり着いた。
たったこれだけの山行だが、再び山へ戻れそうな気がしてきた。長い距離を歩けるようになるのは、まだまだ先のことだろうとは思うが、、、、、。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます‼私も大怪我した事があり、労災でした✨で怪我したら練習して治すと付き合いのあった空手家のアドバイスで医者の少し位ならハイキングしても良い。との見立てでその後は毎週の様に出掛けて体に負荷を掛けて治しました☺山歩きを沢山して早く元気になるように埼玉県南から応援👊😄📢してますよぉ❗
Bianco NERO
2016/11/15 08:57
長い間、投稿が無かったので心配していました。
復活されて良かったです。
私は元々軽いハイキングですが、転落や遭難しそうになったことがあります。
そのような報道も目にするので無理は禁物と思っていますが、リハビリ方法は人其々です。
また、ダイナミックな山歩きを拝見したいと思っています
アルクノ
2016/11/15 15:03
Bianco NERO さん、今晩は。
病名は書きませんが、外科的なものではないので、まだまだ長い時間がかかるかもしれません。
「老い」も受け入れないわけにはいかないので、うまく楽しみながら体調を整えていこうと思います。
応援ありがとうございます。
山じい
2016/11/15 20:56
アルクノさん、今晩は。
気にかけていただきありがとうございます。心より感謝です。
まだまだ山じいのカメ歩き報告になると思いますが、このブログに戻ってこられただけで、復活への大きな一歩です。
こうした暖かい声援も涙がでるほど嬉しく、元気が出ます。ありがとうございます、これからもよろしくお願いします。
山じい
2016/11/15 21:09
こんばんは
山復活おめでとうございます♪〜
見慣れた山並みを、身体で覚えた技量で、再び踏みしめて下さった事に感謝します♪〜
『山じい』さんの豊富な山知識、素晴らしいカメラアングル、例えば登山口まででも充分に楽しませて頂いている人たちも多いと思います。
キラキラ輝く落葉松の黄葉や岩稜の雪景色、こちらでは見れない風景を、ワクワクしながら又拝見出来るのを楽しみにしています♪〜
リッキー
2016/11/16 01:05
山ジイさん

初めまして ”風の色”と申します
何を隠しましょう!私も山が好き!!
かつ四肢が全く感覚がなく、苦しみ
ましたが自らこれで終わってはならないと
1年苦渋を味わいつつ、リハビリの結果
今日どうにか山歩きと自然に親しんでいます。
どうか諦めず頑張って下さいね。
結果は必ず、自分に帰って来ますから,,,
風の色
2016/11/16 03:30
リッキーさん、お早うございます。
何度もコメントいただいていたのに、何もできませんでした。でも、感謝し元気づけられていました。
病気とともに忍び寄る「老い」も感じないわけではありませんが、いつも先輩たちに「いくつになっても、今が一番若いんだよね。」なんて励ましていたのを自分のこととして、楽しみながら歩きたいと思います。
「写真も歩きながら撮る」自分の形に戻れるよう、カメラを持って外へ出ようと思います。
感謝です。
山じい
2016/11/16 06:01
風の色さん、初めまして。
四肢に感覚がない状態からですか、すごいことですね。膝が少し痛むだけでも歩きたくないのに、山歩きができるようになるとは、人の体って不思議なのと同時に、諦めなければ何とかなりそうな気もしてきます。
「病は気から」なんて言いますけど、具合の悪い時は、その「気」に悪い方へとばかり導かれていたように思います。
諦めず外へ出ようと思います。ありがとうございます。
山じい
2016/11/16 06:14
山じいさん、こんにちは!
記事の更新がないので心配をいたしておりました。山歩き復活されて良かったです
365歩のマーチのように慣らしていって下さい。山じいさんの豊富な知識は秩父の山に限らず貴重ですから、これからも勉強させて頂きます。
山ちゃん
2016/11/16 11:57
山じいさんの事やから、山で遭難されるハズはないと思いながらも、アップがないので心配しておりました。
この記事を読んでいても、さすがベテランらしい調整と感じました。
「見慣れた光景がこれほど嬉しいのか。」の一言に感動しました。
どうか、ご無理をなさらず、登山のように一歩一歩踏みしめながら完全復活してください。(^^)
yoppy702
2016/11/16 16:55
山ちゃんさん、ご心配いただきありがとうございます。
そう言えば今年の新年の挨拶で、健康が一番大切ですねえと、山ちゃんさんとやり取りしたことを思い出しました。もう一年くらい前からしだいに体調が悪くなっていたようでした。
また少しずつ歩きたいと思います。
元気の出る言葉、感謝です。
山じい
2016/11/17 06:06
yoppy702さん、ご心配いただきありがとうございます。
何とか少しずつ歩けるようになってきました。今までは、山を歩くことが健康法などと言っておりましたが、これからは適切に医療の力をかりながら山登りを続けていこうと思います。
ありがとうございました。
山じい
2016/11/17 06:16
お久しぶりです。
いっとき、更新がないのでどうしたのかなと思っていました。
今日、別の方のブログに山じいさんの気持玉がついていたのを見て、懐かしく思い訪問しました。
ご自愛ください!
トンキチ
2016/12/01 07:10
トンキチさん、今晩は。
ありがとうございます。
年齢とともにいつかは山に登れなくなるだろうとは思っていましたが、健康でないと若い若くないなど関係なく、歩けなくなることを痛感しました。
もう1泊2日のコースを日帰りでサクッと歩くようなことはできそうもありませんが、山の楽しみはいろいろなので、ボチボチと歩いていこうと思ういます。
山じい
2016/12/01 21:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
(リハビリ中)両神山赤岩尾根P1〜蓬莱山 師在自然/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる